お知らせ

ダイレクト納付について

ダイレクト納付とは簡単にいうと「インターネットで納付ができる」というものです。
金融機関や税務署へ直接出向き納付しなくてもダイレクト納付手続きを行えばとても便利な納付手段です。
電子申告・電子納付の申請や届出はいくつかのステップがありますが、一度行ってしまえば納付手続き自体が簡単になります。
毎年必ず行わなければならない納税作業の効率化になり、便利なダイレクト納付をこの機会に導入されてみてはいかがでしょうか。
また、弊社では顧問先様へ積極的な利用を推奨しております。

 

ダイレクト納付のメリット

・納付手続きが簡単(電子申告等の後、簡単な操作で納付手続きが完了)

・インターネットバンキングの契約が不要(指定した預貯金口座からの納付、銀行やATMの手数料等がかからない)
※指定した預貯金口座がダイレクト納付に対応している必要があります。
(国税庁-利用可能金融機関一覧)

・即日または期日を指定して納付することが可能(行政機関の休日以外)

・振替日に口座残高不足でも必要金額を入金後に再度ダイレクト納付を提出することで納付が可能

・幅広い税目の納付が可能(源泉所得税及び復興特別所得税、法人税、消費税及び地方消費税、申告所得税及び復興特別所得税など)

・税理士に納付手続きを委託することが可能(納税者本人の納税用確認番号等が必要)

 

ダイレクト納付を利用方法

ダイレクト納付を利用する場合は「国税ダイレクト方式電子納税依頼書兼ダイレクト方式納税届出書」に必要事項を記載し、署名・押印(金融起案お届け印)として所轄の税務署に提出してから1か月程度でダイレクト納付が利用できます。