お知らせ

どうして経営計画が必要なのか?


「経営計画」とは、企業がその将来に向かって、経営ビジョンや目標を達成するために必要な計画を広く指します。一般的には、長期経営計画(10年程度)、中期経営計画(3〜5年)、短期経営計画(1年)などに分けることができます。他には、目的に応じて創業計画、経営革新計画、経営改善計画、事業再生計画、事業承継計画などもあります。あるいは、金融機関に企業の将来性を伝えるためや、金融機関が融資審査や融資後のモニタリングなどのために経営計画を求める場合もあります。経営計画は一つではなく、その目的によって複数必要な場合もあります。また、経営計画の作成にあたっては、まず中期経営計画を立て、それを単年度の短期経営計画に落とし込むことで、単年度予算として、予算実績管理を行うことがあるべき姿とされています。

1.経営計画は社員のやる気を喚起する

経営計画を立てることによって得られる効果として社員への動機付けがあります。人間は目標があると、それに向かって努力するという不思議な動物であるとよく言われます。この特性を経営に生かさない手はありません。社員は生きる意欲のある限り、自分とその家族の生活向上を望んで働くのです。その働きがいは、会社の発展にかかっています。自分の働いている会社が発展しなくてもよいなどという社員はいません。明確な経営理念を掲げ、自社の将来目指す方向(目標)を示し、それに向かってどう取り組んでいくのか(戦略)を具体的に社員に宣言し、その協力を求めるのです。「会社を発展させるために自分たちは何をしたらいいのか」という命題に答えを与えることこそ、社員を奮起させる王道ではないでしょうか。

2.現状分析から目標数値を検討する

現在の売上高を構成する商品やサービスについて、ABC分析(売上や在庫、コストなどのデータを重要度の高い順にA、B、Cという3つのランクに分類する分析手法)や限界利益率分析等の現状分析を行って重点商品や重点サービスを検討し、限界利益率がいくらの商品を、誰が、どこに、いくつ販売して、売上や利益を獲得していくのかを決めることが重要です。そのような経緯をへて作成した目標数値は、社員が営業活動などの具体的な行動を起こす際の指針になります。