お知らせ

小さな会社の「必勝の経営術」軽装備の経営と社長の実力が決め手


軽装備に徹し、動きの速い会社を目指すには「組織」と「資金配分」の点検が必要です。

(1)組織の点検

組織を構成する要因とそのウエイト付けは、次のようになります。

1.仕事に対する「人の配分」.....................................53%

2.人の配分後の「役割分担」.....................................27%

3.「教育・訓練」..........................................................13%

4.給与をはじめ休暇規定などの「処遇」...................7%

上記のように、仕事に対する「人の配分」は、全体の53%を占めることから、業績に大きく影響します。中小企業の多くは、粗利益に占める人件費の割合が50〜60%とされるため、 この配分を10〜15%間違うと、経常利益が大きく減少します。営業部門に75%、経理、総務 などの間接部門に25%を配分すると経営力が最も強くなり、業績が良くなります。

(2)資金配分

資金配分については、固定比率を業界平均よりも20〜30%低く抑えてみましょう。例えば、 自己資本比率が20%以下で、かつ従業員1人当たりの自己資本が800万円程度であれば全体的に余裕がないといえ、固定比率を極力低くする必要があります。