お知らせ

ブログ:税務調査の間違ったイメージ


税務調査というと、大分古い映画ですが「マルサの女」のように、目をつけた企業に対して『何としてでも脱税の証拠を取る』というようなことを想像される社長も多いのですが、実際、税務調査ではそんなことはありません。
そもそも、税務調査は国税調査官が行うもので、マルサ(国税査察官)が行うものとは全く違います。マルサが行うのは強制調査で、税務調査は任意調査であり、強制調査のように裁判所の令状を持って、企業の書類等を押収するようなこともありません。
税務調査は、通常は税務署に申告した内容が正しいかどうかをチェックするためのものです。税務調査が怖いというのはイメージだけのもので、正しい申告を行っているならば必要以上に恐れることもありません。
また、税務調査ではお土産が必要だと思い込んで、わざと間違いを教えてあげたり、敢えて初めからお土産を作って申告しないといけないと考えている社長がいらっしゃいますが、そんなことはありません。そんなことをすれば、逆に税務署から目をつけられるのではないでしょうか。
税務調査が心配な方は、弊所にも税務署OBが二人おりますので、是非ご相談ください。

 

代表社員 浮田 直宏