お知らせ

対談:荒田 浩実 × 浮田 直宏


 

The Road to Specialists

 

人と人から道が生まれる。対談

 

所長の浮田が、お客様の本音を聞き出す社長対談シリーズ第13弾。
今回は、
鹿児島市池之町で地域密着型通所介護事業所と居宅介護支援事業所を運営している
株式会社デイサポートステーション 代表取締役・荒田 浩実様にお話を伺いました。


 

浮田ー本日はお忙しい中、ありがとうございます。早速ですが、社長は何がきっかけで、介護業界に入ろうと思われたのですか?
前職は、自動車関連の会社を経営されていたと伺っていますが…。
荒田ーはい、そうです。車業界で働いていましたが、親の介護をしなければいけなくなり,いろいろな施設を見て回りました。でも、親を預けるのに納得できる施設が当時ありませんでした。
その頃、ちょうど介護関係で働いている同級生が、同じように親の介護で悩んでいたので、それなら一緒に介護施設を立ち上げようという話になり、“経営は私”“現場は同級生”というような形でスタートしました。

浮田ー通常、介護業界で働いていた方が独立開業というパターンが多いと思いますが、社長のように異業種から入られた場合、今までとは色々と違って大変ではなかったですか?
荒田ーそうですね。全ての施設がおうではないと思いますが、利用者様をただ預かって何事もなく帰せばそれが一番という意識が見受けられるような気がします。事故やけがを恐れてのことで、それはとても大切ではありますが、“利用者様はお客様”です。弊社の従業員には安全は確保しつつも、常に利用者様の目線に立ち“楽しんでもらう”ことを意識するよう伝えています。




浮田ーそうですね。 私も常々“税理士業はサービス業”と口をすっぱくして言っています。やはり、税理士業も介護業も資格に守られているという意識が強く、なかなかお客様目線に立てないのかもしれません。
では、具体的なサービスとして御社と他社で違うところはありますか?

荒田ーいくつかありますが、まずは、介護施設では、一般的に利用者の日課が分刻みで決まっている所が多いのですが、弊社では、その日のメンバーや、体調、天候で柔軟に利用者様のご要望を聞きながら決めています。例えば、「今日は天気がいいから、お弁当を作ってピクニックへ行こうか?」とか、外出やお買い物がなかなかできない利用者様とコンビニへ…という風な感じで、決まりきった日課にとらわれない過ごし方を提案しています。

浮田ーそれは良い取り組みですね。しかし、そうなるとスタッフの方は大変ですね。臨機応変に対応しないといけないし、いろいろなことができないといけないのでは?
荒田ーはい。弊社は過去の経験は関係なく、やる気のある人を採用しています。そしてオールラウンドプレイヤーを目指してもらいます。というのも、介護士は介護だけ、機能訓練士は機能訓練だけしかできないと多くの人を採用しなければいけません。そうすると、非効率的で必然的に給与が安くなってしまいます。オールラウンドプレイヤーだと少ない人数で対応できるから給与も高くできます。また、当然の事ではありますが、利用者様ごとの入浴後の徹底清掃など衛生管理と食事にも気をつけています。特に食事ですが、まず、弊社を開設するにあたって“外出気分を味わってほしい”という思いもありましたので、オープンキッチンを作り、手作りの食事を外食気分で楽しんで頂いています。利用者様のお誕生日には毎回手作りケーキでお祝いもしています。その様子をHPでご覧になったご家族が大変喜んで下さっています。

浮田ー利用者様と日常をともに楽しむ、まさに利用者様は客様という考えが活かされていますね。
先ほど、HPとありましたが、情報発信という意味で何か工夫され
ていることはありますか?

荒田ーHPをできるだけまめに更新しています。

特に宣伝だけでなく、先ほどの誕生会等もそうですが、ブログで利用者様のご家族向けに、できるだけ写真を撮り、載せるようにしています。

特に遠方のご家族は良くご覧になられているようで、利用者様とご家族の間で施設のことが話題になると聞き、大変やりがいを感じています。


浮田ー税理士業界も介護業界も、ITを使った情報発信がまだまだ、サービスとして捉えられていません。ここも、一つの差別化になりそうですね。小さなことでも、サービス業として、当たり前なことを当たり前にやっていかないとあっという間にお客様が離れていきそうです。

荒田ーそうですね。更に意外なことかもしれませんが、弊社の車には施設名が入っていません。利用者様の中には、隣近所に通所しているのを見られるのは嫌だという方もいらっしゃると思います。気軽に通所して頂けるように、施設名が入ってない普通のきれいな車で送迎しています。
浮田ー心配り、気配りですね。
荒田ーそれでは宣伝にならないじゃないかと言われたこともありますが車を見て電話をかけてくるよう方はほぼいらっしゃらないと思うので。それよりも利用者様の気持ちに寄り添うことが大切ではなはないでしょうか。


 

浮田ーでは最後に今後の展望をお聞かせ下さい。

荒田ー現在、弊社の定員数が10名です。今後は新たに看護師1名とスタッフ2名ほど採用し、定員数を15名に増やしたいと考えております。その次は、2店舗目の開設です。特に、宿泊できる施設を探している利用者の方がいらっしゃるので、そういう方達のためにも2店舗目は宿泊できる有料老人ホームを開設したいです。
浮田ーとても素晴らしいですね。私も大変楽しみです。介護業はこれからも厳しい現実が続きそうですが、次の展望が是非実現するよう、様々な面で弊社もバックアップさせて頂きたいと思います。
本日はお忙しいところ、お時間をいただきありがとうございました。

 


 

スター倶楽部デイサポートステーションでワンランク上質のおもてなしを

①有資格者100%。スタッフ全員が有資格者です。
②リハビリの必要な方には機能訓練指導員が対応。
③バリエーション豊富なプログラムを選べます。
④手作りの昼食とおやつ、お飲物を楽しめます。
⑤おしゃれな100㎡の空間でゆっくりとくつろげます。
⑥50インチの大画面で映画、カラオケが楽しめます。
⑦マッサージチェアで癒しのひとときをすごせます。


 

Profile

株式会社デイサポートステーション

代表取締役  荒田 浩美  様

  • 趣味は、仕事。
  • 座右の銘は、毎日楽しく有意義に

会社概要

スター倶楽部

株式会社デイサポートステーション

〒892-0806

鹿児島市池之上町6番15号 税所ビル1階 
TEL 099-248-9231 
FAX 099-248-9232 
E-mail star@dayss.jp

業務内容

◆介護法に基づく地域密着型通所
◆介護事業所
◆居宅介護支援事業所