お知らせ

ブログ:事業承継について


お客様から事業承継の相談を受けることが増えてきました。お客様へ助言する一方でそもそも弊社も事業承継について、考えていかないといけないと思っています。後継者といってもすぐ見つかるものでもないし、見つかったとしてもどのように、どのタイミングで引き継ぐか、株の譲渡など検討しないといけないことがたくさんあります。
また後継者が見つからなかった場合、M&Aをするとなっても、おそらく様々な問題が出てくるでしょう。個人的には、10年ぐらいは期間を見ておかなければならないと思っています。そうすると、ぼちぼち真剣に考えていかないといけないかもしれません。事務所の発展を考えつつ、事業承継も並行して考えていかないといけないとお客様の相談を通じて改めて考えさせられました。若い従業員も入ってきているので、その子たちが安心して定年まで働ける体制を築いていきます。