お知らせ

ブログ:コロナ融資をうけた後のさらなる融資


コロナの影響で前年より売上が減少し、様々なコロナ融資を受けた後、業種によってはまだまだ売上が回復せず資金繰りに窮している企業もあります。このような場合、日本政策金融公庫様をはじめ、新たな融資の相談に乗っていただけるケースがあります。
もちろん、コロナの影響が少なくなってきた後、業績回復の見通し、数字的な根拠を示さなければなりませんが、まずは生き残らないとその後の展望が開けません。生き残れば、また新たな可能性があると思います。現状、先が見通せない今、資金を厚くするのが一番のリスク回避ではないでしょうか。資金の積み増しを検討してみてください。