お知らせ

ブログ:家賃支援給付金


まだまだ、コロナウイルスの影響が収まらず厳しい経済環境が続いています。持続化給付金について該当されるみなさんは申請がそろそろ終わったと思います。続いて、家賃支援給付金に該当される方々がでてきていると思います。
簡単に用件を示しますと5月から12月の売上について1カ月で前年同月比50%以上減少しているか、または、連続する3カ月の合計で前年同月比30%以上減少している場合、家賃の3分の2の6カ月間分給付金がでます。
法人最大600万円、個人事業者は最大300万円が一括支給となっています。今、国等が様々な厳しい企業等へ手当を行ってくれているので、該当する給付金や、融資、納付期限の延長等活用してください。
また、家賃支援給付金の申請もグループ企業である行政書士法人HITOTOパートナーズで行っています。
規模に応じてお客様は、3万円~、お客様以外は4万円~となっています。申請に不安のある方ぜひご相談ください。なんとか、この厳しい経済環境を耐え忍び、コロナ以前の状態に回復するまで生き残りましょう。