お知らせ

ブログ: 新型コロナのなか事業を継続か否か


新型コロナの収束が見えません。鹿児島県はクラスターが発生しむしろ今まで以上に新型コロナによる経済の影響が出てきそうです。我々もお客様にできる限りの支援を行っていますが限界があります。日本政策金融公庫をはじめ、各銀行様で新規融資や借り換え、条件変更等で少しでも資金繰りを改善できるようお手伝いをしていますが根本的には業績が改善しないと一時しのぎにしか過ぎません。同様に、持続化給付金等の申請漏れがないよう該当するお客様には必ず情報提供しています。がこれも、一時的なものです。いかに、新型コロナ前と同程度の業績にもどせるかが重要であります。ただ、どのように工夫しても業績を戻せないなら業態を変えたり、規模を縮小したり、思い切った決断が早期に求められます。資金繰りとの時間の勝負です。たた、どうしても方法がないときは事業をやめる廃業という道も視野にいれなければならないかもしれません。苦しい決断ですが、廃業を決断された場合でも最後まで最適な方法を提案できるような体制は整えています。最後まであきらめずともに最善を尽くしましょう。