お知らせ

ブログ:アパート経営


最近、サラリーマン大家さんが増えていて、不動産申告を頼まれることが多くなりました。
比較的若い方も多く、30代で1億円借りてアパートを立てるようなケースもよく見られます。
将来が心配というより、副業感覚で資産運用等で収入を増やし、ゆくゆくは数等アパートを持ち不動産経営で生計を立てるようになりたいということです。

多くの方が1棟で終わらず、2棟、3棟と建てて行きます。
一定のタイミングで法人化し、最近では消費税の還付をあの手この手でねらう方も増えています。
もちろん、不動産経営には銀行の融資が必要ですので、今の状況を見ていると、今後は融資が難しくなりそうですが、サラリーマン大家さんを含め、不動産経営でハッピーリタイヤを目指す人が今しばらく続きそうです。
我々も会計事務所としてニーズに応え、お客様の不動産会社や建設業者などと提携しながら、少しでも節税スキームを提供できるように努めていきます

 

代表社員  浮田 直宏